Mt Cook  >  更新情報

2006年12月06日 PostgreSQLとPHPのバージョンアップ

このエントリーをはてなアンテナに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをdel.icio.usに追加

次の作業はPHP 4.4.4のバージョンアップです。
とりあえずPHP4.4.4にアップするため、Postgre SQLがないと
エラーになるので合わせてPostgre SQLをインストールすることにした。

まず、Postgre SQLのインストールです。ここを参考にして実行。

まずインストールするソフトウェアはこちらに入れる


# cd /temp/
# wget ftp.jp.postgresql.org/source/v8.2/postgresql-8.2.0.tar.gz
# tar xzf postgresql-8.1.4.tar.gz
# cd postgresql-8.1.4
./configure --with-includes=/usr/include:/usr/kerberos/include --with-libraries=/usr/lib:/usr/kerberos/lib --enable-multibyte=UNICODE --with-openssl --with-krb5 --enable-integer-datetimes
# make
# make install

■管理用の postgres ユーザを追加する

# adduser postgres

■postgres の所有するデータベース保存フォルダを作る

# mkdir /usr/local/pgsql/data
# chown postgres:postgres /usr/local/pgsql/data

■postgres ユーザに移行する

# su - postgres

■データベースを初期化する

$ /usr/local/pgsql/bin/initdb -E UNICODE -D /usr/local/pgsql/data

■/home/postgres/.bash_profile を書き換える

Code:

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"

unset USERNAME

■.bash_profile の変更を適用する

$ source ~postgres/.bash_profile

■データベースを起動する

$ pg_ctl start

■postgres ユーザのパスワードを設定する

Code:

$ psql
Welcome to psql 8.1.4, the PostgreSQL interactive terminal.
Type: \copyright for distribution terms
\h for help with SQL commands
\? for help with psql commands
\g or terminate with semicolon to execute query
\q to quit

postgres=# ALTER USER postgres PASSWORD '********';
ALTER ROLE

postgres=# \l
List of databases
Name | Owner | Encoding
-----------+----------+----------
postgres | postgres | UTF8
template0 | postgres | UTF8
template1 | postgres | UTF8
(3 rows)

postgres=# \q
$

※ デフォルトで postgres というデータベースが作られている。PHP などから接続する際は、postgres を入り口のデータベースにすると良い。

■/usr/local/pgsql/data/postgresql.conf を編集する

Code:

#listen_addresses = 'localhost' # what IP address(es) to listen on;

listen_addresses = '*' # what IP address(es) to listen on;

パスワードを暗号化して保存するようにする
Code:
#password_encryption = on

password_encryption = on

■/usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf を編集する

Code:

# IPv4 local connections:
host all all 127.0.0.1/32 trust

# IPv4 local connections:
host all all 0.0.0.0/0 md5

■PostgreSQL を再起動する

$ pg_ctl restart

■tart-scripts を postgres という名前でコピーする。

# cp /TEMP/postgresql-8.1.4/contrib/start-scripts/linux /etc/rc.d/init.d/postgres

■実行モードを与える

# chmod +x /etc/rc.d/init.d/postgres

■スタート時に起動するスクリプトして登録する

# /sbin/chkconfig --add postgres

■登録されたか確認する

# chkconfig --list postgres
postgres 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


これでApache再起動します。


次にPHPのバージョンアップ。こちらを参考にして実行。

# wget http://jp2.php.net/get/php-4.4.4.tar.gz/from/this/mirror # tar xzvf php-4.4.4.tar.gz # cd xzvf php-4.4.4 # './configure' '--host=i686-pc-linux-gnu' '--build=i686-pc-linux-gnu' '--target=i386-redhat-linux-gnu' '--program-prefix=' '--prefix=/usr' '--exec-prefix=/usr' '--bindir=/usr/bin' '--sbindir=/usr/sbin' '--sysconfdir=/etc' '--datadir=/usr/share' '--includedir=/usr/include' '--libdir=/usr/lib' '--libexecdir=/usr/libexec' '--localstatedir=/var' '--sharedstatedir=/usr/com' '--mandir=/usr/share/man' '--infodir=/usr/share/info' '--cache-file=../config.cache' '--with-config-file-path=/etc' '--with-config-file-scan-dir=/etc/php.d' '--enable-force-cgi-redirect' '--disable-debug' '--enable-pic' '--disable-rpath' '--enable-inline-optimization' '--with-bz2' '--with-db4=/usr' '--with-curl' '--with-dom=/usr' '--with-exec-dir=/usr/bin' '--with-freetype-dir=/usr' '--with-png-dir=/usr' '--with-gd' '--enable-gd-native-ttf' '--with-ttf' '--with-gettext' '--with-ncurses' '--with-gmp' '--with-iconv' '--with-jpeg-dir=/usr' '--with-openssl' '--with-png' '--with-pspell' '--with-regex=system' '--with-xml' '--with-expat-dir=/usr' '--with-zlib' '--with-layout=GNU' '--enable-bcmath' '--enable-exif' '--enable-ftp' '--enable-magic-quotes' '--enable-safe-mode' '--enable-sockets' '--enable-sysvsem' '--enable-sysvshm' '--enable-discard-path' '--enable-track-vars' '--enable-trans-sid' '--enable-yp' '--enable-wddx' '--enable-mbstring' '--enable-mbstr-enc-trans' '--enable-mbregex' '--with-pear=/usr/share/pear' '--with-imap=shared' '--with-imap-ssl' '--with-kerberos=/usr/kerberos' '--with-ldap=shared' '--with-mysql=shared,/usr' '--with-pgsql=shared' '--with-unixODBC=shared' '--enable-memory-limit' '--enable-bcmath' '--enable-shmop' '--enable-versioning' '--enable-calendar' '--enable-dbx' '--enable-dio' '--enable-mcal' '--with-apxs2filter=/usr/sbin/apxs' '--enable-gd-jis-conv' # make #make install

これでApache再起動して、アップグレードをphpinfo()で確認します。

投稿日時 2006年12月06日09:53 - 更新情報 - 固定リンク
前の記事: Postgreの未利用処理   次の記事: PHP4 APCの導入

ツッコミを見る


ツッコミを入れる

     名前を保存しますか?


トラックバックを送る

1番:まず下記URL(当ページ)をリンクしてください。
: 

2番:次に下記URLでトラックバックを送ってください。確認の上掲載します。

このページの先頭へ